2005年03月23日

ボビー・フィッシャー

ボビー・フィッシャーは、チェス界に大変な貢献をしています。
例えば
彼が現れるまでのチェス大会の賞金は、数十万円程度のものでしたが、
数千万、数億円という桁違いの単位になりました。
posted by kouichi at 22:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボビー・フィッシャー氏を救おう!

ボビーを救おう!今この瞬間、日本の地に不当につなぎとめられ自由を奪われている人がいます。

チェス世界チャンピオン、ボビー・フィッシャー氏その人です。


(詳しい経緯は、日本チェス協会ホームページ にて)



彼の現在収容されているのは、茨城県・牛久収容所(東日本入国管理センター)という所です。彼は2004年の夏からここに収容されて以来10キロもやせてしまい、精神も肉体も限界に達しているそうです。

文藝春秋11月号には羽生善治氏による『伝説のチェス王者フィッシャーを救え』の記事が掲載されました。

彼は脱税の容疑でアメリカ裁判所の大審判4月5日に受けることが決まっています。このままですと、彼は米国へ強制送還されることになってしまいます。


アイスランド政府は、彼の正式受け入れを表明しました。ボビー・フィッシャー氏の命運を握っているのは日本政府の対応次第であり、それをうごかすわたしたち日本に住む人たちからの強い要望です。

世界中から、ボビー・フィシャーを救おう!!という声があがっています。これに応えることのできるのは、わたしたち日本人だけです。



小泉首相、南野法務大臣宛に嘆願の手紙やメールを送り、フィッシャー氏を救いましょう。わたしもさっそくメールを送ったところ、首相官邸よりその返事がきました。この抗議の声が大きくなればなるほど、日本政府もこの事態を無視できなくなると考えます。


小泉純一郎首相
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html(日本語)
http://www.kantei.go.jp/foreign/forms/comment.html(English)

南野知恵子法務大臣
Email: webmaster@moj.go.jp

このエントリの続きを読む
posted by JUN_Raelian at 06:45| Comment(2) | TrackBack(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。